気象予報士 資格取得通信講座

生涯学習のユーキャン通信講座 気象予報士をご紹介。

気象予報士通信講座 概要

気象のスペシャリスト

気象予報士は、気象庁から提供される複数のデータから独自に天気予報を行います。

日常の暮らしと密接にかかわる天気予報。その大切な情報を提供する生活に欠かせない業務です。

幅広い分野から必要な人材として多く求められ、今注目の国家資格です。

合格に的を絞った効率学習!

気象予報士講座のテキストでは、問題を解く手がかりとなる考え方を身につけます。あくまでも合格に的を絞ったムダのない試験対策内容です。
 
コンピュータグラフィックス(CG)映像で気象現象の原理を立体的にやさしく解説。目で見てわかる「気象入門ビデオ」からスタート。 。
 
▼まずは無料の資料請求からはじめましょう。

 

幅広い分野でニーズが高い

テレビなどのメディアでの活躍はもちろん、流通産業や観光など多くの分野での活躍が可能です。

気象予報士の数はまだまだ少ない状況なので、就職・転職に有利です。

オリジナリティの高い資格なので、活躍の場は型にはまらず新しいビジネスチャンスを開けるのも魅力です。

難易度は高いが出題傾向は変わらず

気象予報士の資格試験は、大気力学・熱力学、数値予報といった内容が含まれているので、理数系の人が有利な『難関資格』とされています。

しかし、過去問題の出題傾向や問題の難易度に極端な変化はありません。

理数系に強い方ばかりではなく、しっかりとした基礎学習と試験対策のポイントを効率よく学習したかたが合格を勝ち取ることでしょう。

気象予報士★おすすめポイント

気象情報提供の専門化として唯一の国家資格。

ニーズが高く、幅広い分野で必要とされています。

オリジナリティの高い資格で、新しいビジネスチャンスをつかめます。

まずは、ユーキャン無料講座案内資料で検討することからはじめてみませんか?

気象予報士 試験ガイド

資格区分 国家資格
受験資格 制限無し
試験科目 ◆学科試験:多肢選択式
1.予報業務に関する一般知識 2.予報業務に関する専門知識
◆実技試験:記述式
1.気象概況及びその変動の把握 2.局地的な気象の予想
3.台風など緊急時における対応
試験時期 例年1月下旬と8月下旬
合格率 4.3%(第23回)

ユーキャンの個性豊かな通信講座