第二種電気工事士 資格取得通信講座

生涯学習のユーキャン通信講座 第二種電気工事士をご紹介。

第二種電気工事士通信講座 概要

電気工事の専門技術者

電気工事士は、法律で定められた基準通りに屋内配線など行うことのできる国家資格です。

建物の建築時に配線図通りにコンセント設置や配電盤の取付など屋内配線と呼ばれる工事全般を行う欠かすことのできない業務です。

全ての電気工事には必ず有資格者が必要なので希少価値の高い専門技術者として評価されています。

学科と実技を網羅したビデオ教材

第二種電気工事士試験の出題傾向を分析したビデオ教材を導入。学科、実技をやさしくマスターできるように工夫されています。
 
技能試験対策には、実技専用テキスト、実習用教材、技能試験対策ビデオなどで、弱点強化を図ります。
 
▼無料の資料請求からはじめてみませんか?

 

不況知らずで安定収入

住宅・マンションなどの建築や改築は常に行われ仕事量は安定しており、専門技術者として見合った収入も期待できます。

希少価値のある専門技術者なので、職場での評価も上がりなくてはならない人材になります。また、就職・転職にも有利になります。

有資格者のニーズが高いので比較的容易に顧客がつかめ、経験を積むことでで独立・自営が可能になります。

努力次第で高収入も望めるやりがいのある仕事です。

誰でもチャレンジできる国家資格

電気工事士の試験は受験資格に制限はないので、目指す方は誰でもチャレンジすることができます。

定員制ではないので、人数に関係なく一定の点数を獲得すれば努力次第で確実に合格できる試験です。

筆記試験と技能試験の2種類ありますが、当講座のわかりやすいテキストや教材で受験準備を進めれば合格ライン突破も難しいものではありません。

第二種電気工事士★おすすめポイント

ニーズが高く、建設・改築による堅調な仕事を保っています。

スペシャリストとして安定収入、努力によっては高収入も望めます。

関連業界内での転職・就職時の強みになり、自営にも有利です。

まずは、ユーキャン無料講座案内資料で検討することからはじめてみませんか?

第二種電気工事士 試験ガイド

資格区分 国家資格
受験資格 制限無し
試験科目 ◆筆記試験および技能試験
試験時期 筆記試験:6月上旬頃
技能試験①:6月上旬頃
技能試験②:7月下旬頃
※①は筆記試験免除者対象・②は同年の筆記試験合格者
合格率 筆記:60.0%
技能:56.1%(2004年度)

ユーキャンの個性豊かな通信講座