土木施工管理技士(1級・2級) 資格取得通信講座

生涯学習のユーキャン通信講座 土木施工管理技士(1級・2級)をご紹介。

土木施工管理技士(1級・2級)通信講座 概要

土木工事のスペシャリスト

土木施工管理技士とは、建設工事の現場責任者として第一線で活躍する常にニーズの高い国家資格です。

工事の工程管理や安全管理を行い、各業者を統括し現場の進行をスムーズに取りかはらうなど現場の責任者として重要な業務です。

建築費の見積もりや発注、工事の段取りを組むなど様々な業務をこなし道路や橋など何もないところから完成させる現場責任者はなくてはならない人材です。。

昇進・昇級でワンランクアップの人生を

土木建設は公共施設に関連するものが多くあり施工に際し有資格者を現場に駐在させることが義務づけられているということで常に人材は求められています。

関連各企業では入札の際に会社に所属する有資格者の人数が大きく影響する貴重な人材のため資格取得で昇進・昇格が望めます。

有資格者のニーズが高い中、今人材が不足しているので就職・転職の強い武器になります。

効率のよい学習が合格への近道

試験は定員制ではなく合格基準点以上取れれば合格できますが、広範囲で出題されるので合理的な学習でポイントを理解することが合格の鍵になります。

受験には実務経験が必要になります。受験資格は経験年数や卒業学科など細かい規定があるので確認する必要があります。

テキストは過去10年間の出題分析から作られ、合格に必要なことだけに的を絞った合理的な学習法。試験に向けてしっかり力がつきます。

土木施工管理技士★おすすめポイント

監理技術者(1級)や主任技術者(2級)として責任ある仕事ができます。

人材が不足しているので今が資格取得のチャンスです。。

昇進・昇格・高収入のワンランクアップの人生が望めます。

まずは、ユーキャン無料講座案内資料で検討することからはじめてみませんか?

土木施工管理技士(2級) 試験ガイド

資格区分 国家資格
受験資格 学歴により、実務経験年数が必要です。
(詳細は「(財)全国建設研修センター」へご確認ください。)
試験科目 ◆学科試験:選択問題・必須問題
・土木一般 ・専門土木 ・法規 ・共通工学 ・施工管理
◆実技試験:記述式
・施工管理法
※学科試験のみ合格となった場合、次年度に限り学科試験が免除になります。
試験時期 平成18年は10月22日
合格率 学科:41.3%
実地:53.5%(2004年度)

土木施工管理技士(1級) 試験ガイド

資格区分 国家資格
受験資格 (財)全国建設研修センターへご確認ください。
試験科目 ◆学科試験:選択問題・選択問題
・土木一般 ・専門土木 ・共通工学 ・施工管理 ・法規
◆実技試験:記述式
・学科記述 ・経験記述
※学科試験のみ合格となった場合、次年度に限り学科試験が免除になります。
試験時期 学科試験:例年7月上旬
実地試験:例年10月上旬
合格率 学科:37.8%
実地:56.4%(2004年度)

ユーキャンの個性豊かな通信講座