精神保健福祉士通信講座<介護・福祉系>

生涯学習のユーキャン通信講座 精神保健福祉士をご紹介。

精神保健福祉士通信講座 概要

ストレス社会に貢献できる国家資格

精神保健福祉士は、精神科病院や社会復帰施設で日常生活に支障をきたしている人たちに専門家として相談や復帰の支援などができる国家資格です。

現代のストレス社会において「うつ病」や「出社拒否症」など心の病を抱えた人が急増しているなかで最も注目されている資格です。

社会福祉分野全般で今後ニーズが高まっていくこと間違いなし。人材不足の今早めに資格取得を目指すことが今後有利になることでしょう。

今後もニーズは高まる一方

将来的には社会福祉士の業務が行えるのは有資格者限定になる可能性があるので、資格を取得することで社会福祉分野でずっと活躍することができます。

活躍の場は、病院から関連施設まで幅広く現代社会に貢献できる有意義な仕事ができます。

資格取得で仕事の質、評価もレベルアップします。

狙いを定めた学習で合格を目指す

試験科目が幅広いので決して楽ではありませんが、出題傾向を的確につかみ狙いを定めた学習で合格がより近いものになるでしょう。

出題ポイントを明確に示したオリジナルのテキストで合格をお約束。受験テクニックを身につけます。

試験科目が多い分、時間配分が決め手となります。いかに要領よく解答するかが重要でしょう。

精神保健福祉士★おすすめポイント

福祉のスペシャリストとして仕事の質、自信、評価がアップします。

職場が広範におよび、ニーズの高い資格です。

有資格者のみ名乗れることができる名称独占資格です。。

まずは、ユーキャン無料講座案内資料で検討することからはじめてみませんか?

精神保健福祉士 試験ガイド

資格区分 国家資格
受験資格 (財)社会福祉振興・試験センターにご確認ください。
試験科目 ◆学科試験:13科目
1.社会福祉原論 2.社会保障論 3.公的扶助論 4.地域福祉論
5.心理学 6.社会学 7.法学 8.医学一般 9.精神医学
10.精神保健学 11.精神科リハビリテーション学
12.精神保健福祉論 13.精神保健福祉援助技術
試験時期 例年1月末の土日の2日間
合格率 61.3%(2005年)

ユーキャンの個性豊かな通信講座