二級ボイラー技士 資格取得通信講座

生涯学習のユーキャン通信講座 二級ボイラー技士をご紹介。

二級ボイラー技士通信講座 概要

空気調整管理のプロ

ボイラー技士は、空調設備のある建物の空気調整を管理するプロとして配置が義務付けられている国家資格です。

活躍の場は様々でツブシのきく資格です。常に人材が求められ求人の多い仕事です。

資格を取得することで、待遇面もアップし資格手当がつくこともあります。。

わずかな日数と費用で受験資格の取得可能

都道府県労働局長が受験資格取得を目的とした指定の実技講習会が開かれ、わずかな日数と費用で受験資格を取得できます。

本講座の総合模擬試験は実践力を強化できる本番形式です。問題の的中率が高く安心して本試験に望めます。

親切丁寧な添削指導で疑問はなんでも質問。不安なく学習を進めてけます。

二級ボイラー技士士★おすすめポイント

圧倒的に求人が多い仕事です。

資格取得で定年後の再就職にも有利です。。

講習を受講後、誰でも受験OK!
試験は毎月実施され受けやすい国家試験です。

まずは、ユーキャン無料講座案内資料で検討することからはじめてみませんか?

二級ボイラー技士 試験ガイド

資格区分 国家資格
受験資格 ①大学、高校などでボイラーに関する学科を修め、卒業後3ヶ月以上の実地修習を経た者。
②ボイラー取り扱いについて6ヶ月以上の実地修習者。
③都道府県労働局長の指定教習機関が行う技能講習を修了し、4ヶ月以上の小規模ボイラー取扱経験者。
④海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者。
⑤都道府県労働局長が指定するボイラー実技演習を修了した者。
※受験資格を与えるために、都道府県労働局長が指定する実技演習会が開かれています。わずかな日数と費用で受験資格が取れます。
試験時期 関東・近畿地区では毎月2回、他地区は毎月1回ほど実施。
一部の地域では、年に1~2回出張試験を実施。

ユーキャンの個性豊かな通信講座